10:00〜18:30
定休:毎週月曜, 第1第3日曜, 祝日(2~3月は毎週(月)、第2・第4(火)定休)※変形労働時間制を導入しており前記定休日の他にお休みを頂戴しております。
2021年06月24日
ブログ

コロナ感染者が語る、本当にあったコロナウイルス

 

もう一体どのくらいの期間マスク生活をしているのかも、わからなくなりそうだ。

 

身の回りにコロナ感染者はおらず、ただただ毎日ニュースで見る漠然とした情報と感染者数。

本当にコロナウイルスなるものは存在するのだろうか、と現実味もなく過ごしていた..ように思われた。

 

そんな中、ついにコロナウイルスを信じざるを得なくなった。

直接の知り合いに感染者がでたのだ。

 

 

幸いにも軽症で済んだ上に、濃厚接触者はいなかったそうだ。

家庭内でのクラスター、そして全員軽症(無症状者含む)だったとのこと。

 

今回、詳しく話を聞いてきたので、まとめてみようと思う。

 

※すべての人が同じように当てはまるわけではないという事を踏まえたうえでお読み下さい。

 

発症の前兆予兆 初期症状

 

PCR検査を受けに行く2日前のこと。

 

なんとなく、節々の痛みを感じる。「今日は体がだるいな、そんなに動いたかな??」程度の痛み。

 

それ以外の目立った症状はなし。

熱、鼻水、咳、頭痛、のどの痛み、味覚嗅覚の異常等も特にみられず。

 

****************************

 

 

 

 

 

 

PCR検査前日の症状

 

発熱。といっても高熱ではなく37℃半ば。

他の家族は、平熱通り~37.0℃。

 

身体の節々の痛みは消えるがなんとなく全身の倦怠感。

鼻水、咳、頭痛、のどの痛み、味覚嗅覚の異常等も特にみられず。

 

****************************

 

 

 

 

PCR検査当日

 

平熱から微熱程度。

軽い倦怠感、軽い頭痛(片頭痛持ちのため気圧の影響だろうと考えていたとのこと)。

 

鼻水、咳、のどの痛み、味覚嗅覚の異常等も午前時点では特にみられず。

 

****************************

 

 

ニュースで報じられている症状がないうえに、喉の異常もなく通常の風邪よりも軽い症状だったため、まさか自分たちが罹患しているわけないであろう!念のためPCR検査を受けてみるか!という軽い思いであったそうだ。 

 

まずはPCR検査を実施しているクリニックをネットで調べ、電話連絡を入れ症状を説明。

 

濃厚接触者や疑わしい者専用の別枠予約で決められた時間に検査へ向かう。

 

唾液検査や鼻からの検査など種類がある中で、そこのクリニックは鼻から検査。

しかも、インフルエンザの検査時の痛みを越える凄まじいぐりぐり具合で、その後の1時間は脳みそにまで響く痛みが続いたそうだ。

頭痛よりも倦怠感よりも1番痛かったのは、鼻グリ検査の痛みとのこと。恐るべしPCR検査。

 

 

 

そしてこの日の午後2時ころ、ついに味覚の異常が現れる。

はじめは我を疑うような感覚で、なんとなくいつもと味が違うような気がするといった疑心を抱いただけ。

 

しかしその疑心は時間と共に確信へと変わることとなる。

 

 

 

 

 

検査結果は翌日

 

 

この日も平熱から微熱程度。頭痛あり。

味覚嗅覚の異常軽くあり。


鼻水、咳、のどの痛み、胸の苦しさは特にみられず。

 

 

だが、この日の午後から、味覚と嗅覚は完全に失われる。

(ためしに、タバスコを直瓶で鼻に近づけて嗅いでみたらしい。通常であれば、鼻の奥がキューン!!!となるものだが、全くをもって何も感じない。食事においては塩気は少し感じづらくなる。辛味は感じる。甘味に関しては他の味覚が失われたせいか良く感じられたとのこと。香りは皆無だそう。柔軟剤やシャンプーの香りも全く感じられないとのこと。もちろん雑菌臭やごみの匂いなどの悪臭に関しても同じのため、動物がもつ本来の能力である、「匂いで危険察知をする」ということができなくなるそうだ。)

 

 

****************************

 

検査を受けたのが午後だった場合、結果は翌日にクリニックからの電話連絡。

午前中に受けた場合は当日中に結果がでるそうだ。

 

結果がでるまでは、とにかく自宅待機でスーパーさえも行かず、ひたすら屋外活動自粛。

 

 

そして、ついにクリニックから連絡が来て、「陽性が認められた」とのこと。

 

周りの感染者の状況から、イギリス株だろうと。

 

 

電話を切るなり、厚労省のコロナウイルス管理支援システムよりSMSが来て症状を入力する。

 

陽性判明のその日のうちに保健所からの連絡にて、

現在の体調の報告、濃厚接触者なるものの有無、生活の中でどのようなコミュニティに属しているのか(同居家族構成、職場、学校等)、発症2日前までの行動歴、発症の経緯、今後の流れ、どこで隔離療養をするのか、支援物資は必要か、受け取り方等を非常に丁寧に説明くださるそう。

 

 

自宅療養を選択

 

 

基本的にはホテル療養を勧めるそうだが、症状が軽症であったこと、家族全員陽性であったこと、小さい子供もいるという理由から自宅療養を選択。

 

 

自宅療養を選択した場合、療養期間が終了するまでの間毎日1-2回電話が掛かってきて、体調報告をすることになっている。

また自宅療養を選択した場合、食事の面が気になるところだが、その点も手厚くサポートされている。

 

なんと!!
陽性患者1名につき段ボール3箱の支援物資が届くのだ。

うち2箱の中身は、温めるだけのお米やレトルト食品、インスタント食品、即席かんたん調理でで食べられるもの、調味料、野菜ジュースやコーヒー、お茶のパック。ちょっとしたお菓子やデザート等が食べきれないほど詰まっている。

残りの1箱には2Lの水が1ケース。

 

そして、それとは別に小さな段ボールも届いて、そこにはパルスオキシメーター(指先で血中酸素濃度を測定するもの)、BOXティッシュ1箱とトイレットペーパー2ロール、ウイダーインゼリーが3つにポカリスエット2本という最重要ライフキットが入っている。

 

 

このパルスオキシメーターはレンタルなので、療養期間が終了と同時に業者が引き取りに来てくれる。

 

 

上記の支援物資は玄関先まで配送され、直接誰かと接触することはない。

そしてなんと驚くべきは、、、すべて無料なのだ。

 

 

 

陽性発覚後翌日-2日後に届く支援物資

陽性発覚後2日目~8日目まで

 

平熱~高くても37.1℃程度の熱が続く。

頭痛あり。

(初めて味わう痛み。信じられないくらいに頭の右奥半分がキーーンと痛む。

これは片頭痛ではないと確信する。鎮痛剤が全く効かない。)


味覚嗅覚の異常あり。

眼底痛あり。目をこすったり眼球を押すと、目の奥が非常に痛い。

鼻水、咳、のどの痛み、胸の苦しさは特にみられず。

 

***************************

 

 

隔離期間8日目までは同じ症状が続く。

 

頭痛はひどいものの、皆元気すぎて家に中から早く出たい気持ちになってくる。
 

 

 

9日目~10日目

 

平熱。

頭痛が改善してくるがまだ痛む。

味覚も改善がみられる。

嗅覚の異常大いにあり。

目が痛い。ズーンと重い痛み。


咳払い程度の痰が絡むようになる。

 

鼻水、のどの痛み、胸の苦しさは特にみられず。

 

***************************

 

 

ついに頭痛が改善する!!

味覚も少しづつわかるようになってくるが、嗅覚異常は治らず。もうこの頃には食べる楽しみを失っているので、とくに食欲もそんなにない。

なんとなく何かを口に入れておけばいいや、という感覚になってくるらしい。

 

 

10日目に最後の連絡がかかってきて、毎日行っていた健康観察がこれにて終わりと告げられる。毎日報告していた熱と血中酸素濃度ももうこれで測らなくてよくなる。

 

翌日からの過ごし方や注意事項等を説明される。(特にこれと言って重要なことはないそうだが、まだまだ体調に注意することや、マスク生活を今までと変わらず続けてくれという話。)

 

 

※以前は療養期間を経て、PCR検査結果が陰性になった時点で隔離終了となっていたのだが、現在は最後にPCR検査をして陰性確認するという事はないそうだ。ウイルスの死骸にも検査結果は影響されるそうで、1ヶ月ほどは陽性とでるとかなんとか...

濃厚接触者に関しても、PCR検査を受けた日を発症日とすると、その2日前に接触したものが濃厚接触者となるらしい。

ちなみに、このPCR検査の正答率というのも、保健センターの方によると7割程度らしい。

ちまたでは9割と言われていたりもするため、どちらが事実なのかも定かでない。

 

11日目

 

 

ついに通常の生活が戻る。

嗅覚異常は治ぬまま。

 

 

復帰後の後遺症について

 

 

復帰後約1ヶ月の現在の状況しか把握していないが、現在明らかに罹患前とちがうのは、やはり嗅覚とのこと。

 

療養中に比べれば良くなってはいるものの、鼻に抜ける系の香りが以前のようにはわからいそうだ。

シャンプーや柔軟剤のあからさまな匂いは判断が付いても、とにかくシナモンやメープル、スパイスの香りが分かりづらいとのこと。

 

 

***************************

 

 

 

 

症状が軽症ということを前提に書くが、

嗅覚の後遺症があるというのが非常に厄介なものだ。

飲食業の方が感染した場合、復帰後も匂いが分からないというのは、料理を作るうえで弊害となる。味覚や嗅覚を伴う仕事の方は特に注意が必要だと感じた。

 

また、感染してしまった患者に対しては、手厚くサポートしてくれているな、という印象。

健康観察の連絡は毎日いったい何人の患者に電話をかけていたのだろうか。

医療従事者の方もコロナ患者にかかわる仕事をされている方も、無料で物資を支援してくれる政府にも、、、

 
日々、対応してくれているすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいになった。

 

 

そして、コロナウイルスは実際に存在していた。

 

まとめるとこう。

 

熱     ない

咳     出ない

喉     痛くない

味覚嗅覚  変

目     痛い

頭痛    ひどい

倦怠感   最初だけ

 

 

以上となる。

 

※すべての人が同じように当てはまるわけではないという事を踏まえたうえでお読み下さい。

 

 

この記事を書いた人
日高 亜美 ヒダカアミ
好きな作業は、製本。 細かい作業と文房具が好きなアラサー。 趣味の「食」を通し、このエリアの美味しいを追求中。 宜しくお願いいたします。
arrow_upward